笛の笛(2000年当時)

 huehue.jpg (72870 バイト)  

 
笛吹きの笛(フルート)です。右側は学生時代から使っている国産銀製のフレンチモデル SANKYO SILVER SONIC(トーンホールに穴が開いています)。

左側は、20年ぶりに買ってもらえた4本目の笛YAMAHA YFL-451  。二本の笛を収納するケースは、アタッシュを改造した自作ケースです。

お遊び用の笛達。

中央の花柄入り透明なのは、米国製のクリスタル製のフルート&ピッコロ(正式にはHall Crystal Flutes)

近所の楽器屋で1本たったの980円!!で安売りしていたのを飛びつくようにして買って来ました。立派な木製ケース入りです。

 
 
オークションに出ていた写真。これに騙された!! 届いた現物・・・ちっとも金色じゃないし、凸凹傷だらけで超酷い状況

2000.1.6   笛仲間に新入りがやってきました。

オークションでGETした総銀製に全面(内面も)24Kメッキしたフルート(左の写真)です。アメリカのKINGというメーカーの24Kというモデルですが、出品者の話では試作品のようだとのことです。11万円でした。

全体の金メッキが薄くなって銀地肌が出ていること、あちこち傷だらけ! 頭部管は歪み、に凹みが数箇所ある、交通事故に遭ったような状態。大失敗でした。

ちょっと吹いてから、早速完全分解。全部品をクリーニングして磨きをかけると共に、再調整しました。

音はとても芯の強い音で特に中低音には独特の艶があり音が先に行くのが感じられる音色のようです。

結構管厚があって他の2本に比べると物理的な重さと吹奏感にも少し抵抗を感じますが、その分、相当遠くへ音が響きそうで、私のメインになりそうと思いました。

外観に少々難あるものの演奏用の笛としてはとてもお買い得と自分を慰めている自分もいました。

「燃えよ笛吹き」の掲示板に書いた詳細レポートです。興味のある方はどうぞ → 参考詳細レポート  

これを吹いてから上のYAMAHA(銀製)を吹くと非常に軽がると音が出て反応も良い代わりに、音の輪郭が甘く、サチルのが早いのが分かります。

真中は昔、私がオーケストラで吹いていた時に使っていたSANKYOのフレンチモデル(銀製)です。鳴りも響きも中間ですが高音域のキラキラした感じの輝きが好きです。

ヤッフーのオークションで1300円で落としたネパール製の竹の横笛です。売主は、飾り物に・・・とのことでしたが、勿論吹いてみました。

意外なほど吹きやすく、これまた意外なほど音程がよく、2オクターブ半は楽に出ます。

よく分からないトーンホール構成になっていて、どうしても指が届かない穴が4つもあります(赤線部分・・・飾り穴か)。

この穴を無視してもふけるのが面白い。もっと面白いのが、吹いた後・・・ 指と唇が真っ黒に・・・

この笛、竹製で色が黒いのですが、どうも竹をいぶした色だったみたい・・つまりスス(^^; まあ1300円ですから(^^)  

新しい笛が来た! (2001年夏現在)

   

長年の憧れだったMURAMATSUのフルートを遂にゲットしました。笛を吹き始めてから30年目。

最初はADを狙っていたのですが新宿に試奏に行った際に吹いたPTP(ADにプラチナメッキをしたもの)に一目ぼれ。驚くCAMELを何とか説得して買ってもらいました。

PTPの購入に伴いシルバーソニックは、予算オーバーの対策として嫁に出し第二の笛人生を送ってもらいました。(20年以上たった楽器でしたが、新品購入時価格の1.5倍で落札されました)

金太郎は、人に売るには状態が悪すぎて・・旅のお供&遊び用、墓場の友に。

YAMAHAは、CAMELL
からのプレゼントなのでそのまま持ってます。

おもちゃ笛?コレクションも少し増えたので写真を追加

手前右端のやたら長いのと右から3番目はインドネシアの笛。その間にあるのが上のネパールの笛

後ろの透明なプラスチックリコーダーは、観光地のお土産屋さんで買ったもの。。

1本480円でしたが、きちんと実用になります。

 

クリスタルフルートと専用木製ケース・・・・ これで1セット980円だ売ってたんですよ! 信じられますか?

浜松楽器博物館でも売ってたけど笛だけで10倍以上だった・・・

10本以上買ったけど、皆が欲しがるので上げちゃって今あるのはこの2本だけ。惜しかった・・・かなな


 (カメラのレンズのせいで曲がって映ってますが実物は真っ直ぐです)


一番上は竜笛、その下は琉球笛。この琉球笛、オークションで手に入れたのですがきちんとした銘入りで3000円。

糸巻きで、中は朱塗り、非常に綺麗な仕上げの良い笛で非常に味のある良い音が出ます。

音階は・・・どこのものでもなく琉球音楽そのものの 音階になっているようです。

一番上の竜笛と比べると穴の位置(バランス)の違いがわかると思います。